LINESTEPマニュアル

こちらはLINESTEPマニュアルです。

LINESTEPマニュアルは、LINESTEPをご利用の方々に向けて

LINESTEPの使い方や運用方法をご案内しています。

みなさまのLINESTEPのご利用にお役立てください。

 

よくある質問

新規でLINE@プロ(API)を作成しLINESTEPを導入する方法
パスワードを忘れた時
受信がうまくできない時
送信がうまくできない時
友だち追加されない時
スマートフォンでのLINESTEPの使い方
URLのアクセス数を集計する方法
LINEアプリトーク画面のメニューボタンを返信欄にする方法
LINE@アカウントのIDを好きなIDに変更する方法

LINESTEPのおもな機能

シナリオ配信機能

LINEのメッセージがシナリオ配信できます。ステップメールよりももっと気軽に、多くの人に、ひとりひとりのペースにあわせてLINEを送ることができます。

一斉配信機能

シナリオ配信機能だけでなく、一斉配信機能も備えています。大勢に一度に送信することができます。もちろん日時を決めておくことも可能です。

URLクリック測定機能

送信したURLのアクセス数を簡単に見たり、長いURLを短縮URLに作り変えることができます。

充実のメッセージ機能

テキストや画像だけでなく、リンク付き画像、位置情報、音声・動画などがついたメッセージを簡単に、かつ、とても詳細に設定して送ることができます。

カルーセル機能

LINESTEPの特徴がカルーセル機能です。画像とリンク付きボタンのついた複数枚のパネルからなるカルーセルを簡単に送ることができます。

便利なnameタグ機能

送信する相手に合わせて、それぞれ名前を添えて送信することができます。もちろん面倒な設定は一切ありません。

主要な機能一覧

シナリオ配信機能

あらかじめ登録しておいた複数のLINEのメッセージ(シナリオ)を、決められた日時に、自動で配信する機能です。
シナリオ配信のタイミングは、メッセージごとに日付と時間を指定することが出来ます。
また、LINESTEPのシナリオ配信機能では、
LINEのメッセージ内の特定のURLをクリックした場合に、別シナリオへ登録する機能があります。
例えば
商品に興味のある読者だけに、売り込みのLINEメッセージを送り、
興味のない読者には新たに興味をもってもらうためのLINEメッセージを送る
などの処理を、全て自動でおこなうことができます。

 

一斉配信機能

一斉配信ではメールマガジンのように、特定の人々にたいして日時と時間を決めてLINEを一斉送信できる機能です。

LINESTEPではシナリオ配信で得た情報を元に、友だちをグルーピングできるので、一斉配信で特定のグループにメッセージを一括送信することができます。

 

URLクリック測定機能

URLクリック測定機能を使えば、送信したURLへのアクセス数を簡単に見ることができたり、長くて煩雑なURLを短縮URLに作り変えて送信することができます。

また、友だち一人一人が送信したURLを何回クリックしたのかも知ることができます。

 

メッセージ機能

LINESTEPのメッセージ機能はとても充実しています。普通のLINEで送ることができるテキストや画像やスタンプなどはもちろん、画像にリンクをつけて送ることができたり、リンク付きのボタンで友だちがリンクをタッチしやすい形にしてメッセージを送ることなどができます。

これらの詳細な設定が誰でも簡単にできるのが、LINESTEPの魅力のひとつです。

 

カルーセル機能

LINESTEPの特徴がカルーセル機能です。

画像とリンク付きボタンのついた複数枚のパネルからなるカルーセルを、誰でも簡単に送ることができます。

 

 

nameタグ機能

LINESTEPの便利な機能がnameタグです。
nameタグを用いれば、送信する相手ごとに自動で名前を変えて送信することができます。もちろん面倒な設定は一切ありません。

 

 

LINESTEPでできること

LINESTEPを使えばこんなことができてしまいます。

sample1

テキストの編集

Check
sample1

[name]タグの使い方

Check
sample1

画像の登録・送信

Check
sample1

スタンプの登録・送信

Check
sample1

画像にリンクを貼る

Check
sample1

質問文を作る

Check
sample1

選択肢付きメッセージ

Check
sample1

カルーセルの登録・送信

Check
sample1

位置情報を送る

Check
sample1

連絡先を紹介する

Check
sample1

自動応答の設定

Check

更新情報

2018.06.15
・カルーセル・リッチメニューから回答フォームが開けるようになりました。
回答フォームの通知を追加しました。
外部サイトに回答フォームのリンクが貼れるようになりました。
・各機能の「アクション設定」ボタンから、LINENotify経由のアクション通知設定ができるようになりました。
・回答フォーム一覧で★をつけるとトップページに概要が表示されるようになりました。
・回答一覧で、推定回答時間が表示されるようになりました。
・回答フォームの選択肢(ラジオボタン等)で、定員が満員のときの表示を変更できるようになりました。
・コンバージョン編集をリニューアルし、「アクション設定」ボタンに変更しました。
・詳細検索で、友だち情報を数値比較で検索できるようになりました。
・その他表現修正を反映しました。

2018.05.31
・タグや友だち情報を個別変更したときにシステムメッセージが表示されるようになりました。
・友だち情報/テンプレートで、管理画面で選択していた分類が、編集から戻っても選択された状態になります。
・クロス分析で縦軸を「友達情報」にした際、オプションボタンに「友達情報なしの行を追加」を加えました。
・メッセージ中のURL設定をリニューアルし、アクションボタンが使えるようになりました。(詳しくはこちら)

2018.05.19
・コンバージョンの分類を追加しました
・回答フォームでプレースホルダ(テキスト欄に仮で入る半透明文字)が使用可能になりました
・回答フォームの見出しの「説明文」が改行可能になりました
・タグの定員で0人を設定可能
・リマインダが365日前まで設定できるようになりました
・リマインダでメッセージが登録されていないタイミングがあるときの注意書きを追加しました
・友だち情報登録あり/なしを詳細検索の検索条件に追加しました
・個別トーク画面で自動/一括送信(青色)と個別返信(緑色)を色分けしました
・メッセージテーブルの内部仕様を変更しました

2018.04.27
・友だち情報欄に長文・画像・PDFを設定可能になりました
・友だち詳細画面のレイアウトをリニューアルしました
・個別トーク/友だち詳細画面クイック送信にて大きな文字入力欄を呼び出し可能になりました
・シナリオ配信設定内 友だち登録時設定にて設定可能な項目が拡張されました
・タグ詳細設定にて設定可能な項目が拡張されました
・クロス分析にてCSVダウンロードが可能になりました
・クロス分析にて評価軸をタグ分類で指定可能になりました
・MessagingAPIの制限緩和に伴い、リッチメニューの有効にできる個数を999まで拡張しました

2018.04.25
・サイトスクリプトの時間計測を改善しました