メッセージ送信数カウント

 

送信カウントとは

プッシュ数=送信可能数になります。
友だちにどれだけメッセージを送ったかで残りの送信数が決まります。

Lステップではご契約のプランごとにメッセージの送信上限数が定まっており、
上限が越える前に警告が表示されます。

プランごとの上限送信数と、警告が表示される送信数(上限警告送信数)は以下の表の通りです。



 


 

1 送信可能数

1ヶ月に使用できるメッセージ数が表示されます。

メッセージ数はプランの契約によって送信できる上限は変わります。

※ 月の使用数によって多く使っても使わなくても、送信可能数は繰り越しする事はございません。

 

 

 

 

2 メッセージ送信数グラフの見方

 

①期間設定
表示する月を変更する事ができます

②メッセージ送信数・合計数

【リプライ】
LINEのリプライ成功数が確認できます
友だちからのアクション(メッセージ送信・ボタンを押すetc…)を貰って即座に返信した時にカウントされます

※ リプライはメッセージ送信数としてカウントされません

【プッシュ】
LINEのプッシュ成功数が確認できます
管理側からのメッセージ送信数がカウントされます(一対一トーク・一斉送信・シナリオ配信etc…)

※ プッシュはメッセージ送信数としてカウントされます
リプライ・プッシュ詳細はこちら

【リプライ合計・プッシュ合計】
リプライ合計とプッシュ合計を日付ごとに集計しメッセージ配信の結果等を統計情報として確認できます。

 

③リプライ数・プッシュ数
日数ごとに表示されます

 

 

 

3 送信可能数を越えると

・上限が越える前に、警告文が表示されます。
表示された時に、今のプランからアップグレードする事が出来ます。

・上限数を超えてしまった場合、アップグレード画面が表示されます。
 上限を超えてもプランを変更しない場合、翌月までメッセージを送る事ができなくなります。

プラン変更の場合は こちら

 

 


 

 

1 現在のプラン

①契約した際のプランが表示されます。

 

②アカウント設定のページから契約しているプランの確認が出来ます

 

 

2 プラン一覧

①従量課金パッケージ(10万)をクリックすると詳しい詳細が表示され、現在の利用プランには契約した際の内容が記載されています。

②プラン一覧からスタート→従量課金パッケージ(10万)、プロ→従量課金パッケージ(100万)に途中変更する事が可能です。

※スタート~プロプラン間のダウングレードは、使用可能機能が異なるため、できかねます。

banner01 banner02